スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Menatone King of the Britains

20150522 0006051

英国王!英国王!

Menaおじさんの気まぐれエフェクターの一つ、
MenatoneのKing of the Britains(通称英国王)を手に入れました。

実は3、4年前に名古屋のイシバシ楽器かどっかで試奏だけはしているのですが、
その1日後に売却済となり、「買っときゃ良かった」と非常に後悔したペダルです。

Menaおじさんのエフェクターだと他にRed Snapper(通称赤魚)を持ってます。

20140614 2000101

初期型の3ノブ仕様。
現行は4ノブで長方形の筐体ですね。

さてさて、英国王の話に戻りまして、
操作系は、ノブが7つ、トグルスイッチが1つの合計8つをコントロールすることができ、
上段は左から、pres、treble、mid、bass、
下段は左から、vol、voice(3way tggle)、gain、boostとなっています。
フットスイッチは2つあり、左がペダルのON/OFFで、右は前段ブーストのON/OFFです。

サウンドはマーシャル系でもオールドマーシャル、
いわゆるPlexi系のサウンドを再現しているとのことですが、
Plexi系は数回しか弾いたことないのでよく分かりませんw
ですが、自分が今までに弾いた中では一番マーシャルっぽい音だなーと感じました。
Plexi系のアンプを鳴らしてる動画とも聴き比べてましたが、
「あー、なんとなく分かる」となるくらいは似てる気がします。
TUBEでいうと、「夏を待ちきれなくて」や「夏を抱きしめて」の頃のサウンドが近いですかね。
あの頃の春畑氏はオールドマーシャルを使っていたと記憶しているので、
ある意味ドンピシャなサウンドなのかなあと。

ちなみにペダルだけでも結構歪みまして、前段ブーストをONにすると更に歪みますが、
前段ブーストの状態だとかなりノイズが増えるので、
別でSD-1等のODでブーストさせたほうが使い勝手が良いかも。

色々とペダルを繋ぎ替えてみましたが、
自分の中では、ギター→ダイコン→SD-1→英国王の組み合わせがしっくりきました。

近々スタジオでも使ってみたいと思います( ^ω^ )

いじょ。
スポンサーサイト
Category: 楽器・機材

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。